高橋さんと飯舘村の自宅敷地にて。建物は昨年11月に撤去、空き地に

「夏には家の裏の池で泳いだし、山ではキノコを採ってー」

 と、話しながら高橋夏海さんは福島県飯舘村の自宅周辺を歩いた。懐かしい景色におしゃべりは止まらない。

「村に来れるのはうれしい」

 現在、家族とともに福島市内で避難生活を送るため、村に来るのは約1年ぶりという。

転機となった演劇部

 福島第一原子力発電所事故で高橋さんの生活は一変した。 

 同村は津波の影響はなく、地震による被害も比較的軽かったものの、放射線量の数値が高く、2011年4月に「計画的避難区域」に指定、全村避難となった。

「母や妹、村の人たちと一緒に栃木県鹿沼市に避難しました。祖母、父、姉は村に残ったので一時的に家族がバラバラになり、とても心細かった」

 慣れない避難生活。転々とする住居。仲のいい友人たちとの別れなどでストレスが重なり、体調を崩した。

「熱や鼻血が出やすく、人間関係の悩みなどもあったので震災後は学校を休みがちになりました。学校で誰かと話すことはありませんでした」

 転機となったのは福島市内に避難、仮校舎で授業を続ける福島県立相馬農業高校飯舘校に入学したことだった。