舞台で輝きを放ち、生で会える(見られる)俳優が本当に仲のいい俳優を指名してトークする「生で会えるイケメンリレー対談」、通称“生イケ対談”連載。

 第29回は財木琢磨さんが高野洸さんを指名! 『』本誌(2018年3月20日号)のスペシャル対談の続きを、たっぷりお楽しみください。

※この記事は2018年1月31日に取材したものです。

左から高野洸、財木琢磨 撮影/森田晃博

一緒に地元に帰ったら、まず中学校に行って校歌を歌う!

――おふたりとも地元は福岡県久留米市で、偶然にも同じ中学校出身の先輩後輩だそうですね。その中学校は、どんな雰囲気だったんですか?

財木 藤井フミヤさんが卒業された学校なんですよ。

高野 そうなんです。

財木 僕が通っていた頃は、けっこうヤンチャがたくさんいたんですけど(笑)。

――ヤンチャな生徒もいる中で、学校でのポジションは?

財木 僕は、どこでもいけるポジションでした!

高野 ハハハハ!

財木 大人しい子とも、スポーツ系の子とも、ヤンチャな子とも、みんなと仲がいい
タイプだったかな。ただ、先輩は怖かった。

高野 僕が通っていたときは、だいぶ落ち着いてましたね。ヤンチャな生徒は全然いなかったです。

財木 そうなんだ。部活は何やってたんだっけ?

高野 中学1年の1学期だけですけど、卓球部でした。

財木 俺はバスケ部で。お世話になった顧問の先生がめちゃめちゃ怖くて。

高野 生活指導の先生で、僕らの頃も怖かったです。

財木 俺が行ってたときは、売店があったんだけど。そこで昼ご飯のパンを買っ
てた。洸の頃はあった?

高野 ああ~、ありましたよ。でも僕は、中1の1学期だけパンを買ってて、その
あとは給食でした。

財木 そうか、売店におばちゃんが一人いて、上履きとかも買えたんだよね。