横山だいすけ 撮影/佐藤靖彦

「バタバタな1年で、あっという間でした。でも、まだまだ冒険の序章ですよ!」

 昨年、NHK『おかあさんといっしょ』のうたのおにいさんを卒業した横山だいすけ(34)。卒業から早くも1年たつが、ドラマデビューにラジオパーソナリティー、バラエティー番組やCMへの出演など、この1年間はとにかく“初めてづくし”。自身の心境にも変化があったそうで、

これまでは子どもたちの笑顔や元気につながっていく何かを探していたのが、親御さんとかもっともっと範囲が広がって。それは自分にとっての新たな生きがいの発見でした

 たくさんの子どもたちに夢や希望を与えてきた横山だったが、今回、夢を叶えたのはなんと自分自身……!? ディズニー/ピクサー最新作『リメンバー・ミー』の日本語吹き替え版では声優を務め「夢だったんです!」と大喜び。

「ディズニーが大好きで、NHKにいたときから“ディズニーさんと一緒に何かできませんか”ってずっと言っていて。だから今回、声優として関わることができるなんて本当に幸せです。しかも千葉県出身、僕はディズニーランドと同い年なんですよ。子どものころはよく家族に連れていってもらいました」

 そんなこともあり、昔からディズニーの音楽は身近なものだったという。つらいときにはずいぶんと助けられたそうで、

「大学卒業と同時に劇団四季に入ったんですが、踊りの稽古があまりに厳しく階段も上れないくらいになってしまって。そのころは『エレクトリカルパレード』を聴いてはディズニーに行った気分を味わってました(笑)。壁にぶつかったときに聴くと、不思議と元気が出るんです」