井浦新 撮影/廣瀬靖士

 今週金曜日の放送で最終回を迎えるドラマ『アンナチュラル』(TBS系)。放送の盛り上がりとともにハマる女性が急増しているのが、口も態度も悪いがどこか憎めない、法医解剖医・中堂系を演じている井浦新(43)。

 ニュースサイト・モデルプレスが実施した『今期ドラマであなたが最も“胸キュン”したイケメンは?』ランキングでは2位にランクインするほど。

いちばんビックリしているのは僕だと思います。胸キュン、イケメンといったものとはほど遠く、恥ずかしさをさらけ出してやってきましたから。だから、SNSの投稿のコメント欄に“カッコいい”と書かれていると戸惑ってしまいます。40過ぎたおじさんなので(笑)」

 メジャー作品から単館系の作品まで、ジャンルを問わず出演する実力派俳優となった井浦。そのキャリアのスタートは、19歳のときに、インディーズブランドのファッションショーにモデルで参加したところをスカウトされたことだった。

「ファッションが大好きで、洋服店に通い詰めていたんです。そのショップの方の知人のブランドの方に頼まれて出ただけだったので、モデル事務所の方に声をかけてもらったときは、詐欺なんじゃないかって疑ったぐらい(笑)。当時はインターネットが普及していなかったので、情報源は雑誌。僕自身もファッション雑誌を読みあさっていたので、“もしかしたら、いつも読んでいる雑誌に出られるかも”と、ドキドキしながらいただいた名刺に電話をしました」

 もともと音楽や映画が大好きで、1浪して入った大学では放送研究会に所属。

 DJ活動などはしていたというものの、まさか自分が芸能界に入るとは夢にも思っていなかったという。

「愛読している雑誌に、記念で出られたらいいな、という感じでした。これで憧れているファッションの世界に近づいたかなぐらいの感覚でした」

 ARATA名義でモデルデビューすると、一気に人気モデルの仲間入りを果たす。そしてデビューから3年。写真集で井浦を見たという是枝裕和監督から、映画出演の話が舞い込む。

“是枝監督という人が新しく映画を撮るそうなんだけど、そのオーディションとして自分の思い出というテーマで作文を書いて”と事務所の人に言われたんです。“何で作文なんだろう?”と思いながらも、『音楽と家族』みたいな内容で提出したら、主演でやってみないか、と言っていただいて。当時の僕はモデルも卒業して、ブランドに専念しようと思っていたところだったので、思い出づくりにやってみようかなと出演することに決めました」