Aが盗撮する現場をとらえた防犯カメラの画像。不自然にかがみながら左ポケットからスマホを出し、女性従業員のスカートの中を狙っている(読者提供)

「1月末に、店内で大規模な現場検証が行われ、被害者の女性従業員は数時間拘束されて、事情を聞かれたそうです。

 これまでにも、この店で盗撮事件は何度もあったみたいですが、こんなに警察が捜査するのは初めてです。事件の数日後にも、警察官がわざわざ、映像データを取りに来たので、おかしいってウワサになっていたみたいで……」(従業員の知人)

犯行の様子はバッチリ映っている

 大がかりな捜査が秘密裏に行われた理由はたったひとつ。それは盗撮をしたのが、大分県警の現役男性警察官A(30代、巡査部長)だったからだ。

 捜査関係者から話を聞いたという女性は、

「提供を受けた映像を確認した警察官の中に、たまたまAと一緒に仕事をしたことがある人間がいて、“似ているな”と思ったそうです」

 が入手した防犯カメラの映像には、女性従業員の背後に腰をかがめ、盗撮に及んでいる犯行の様子がバッチリ映っている。ほかの防犯カメラの映像からは犯行時と同じ服装で、店内を歩くAの顔が確認できた。

「Aは以前からその店には非番の日などにたびたび訪れていたようです。防犯カメラの存在は、当然知っているはずですし、自分だけはバレないとでも思ったんですかね」

 と前出の女性は首をひねる。さらにAの経歴について、

「大分中央署などで取り調べを担当し、現在は臼杵市の臼杵津久見署に勤務していました。強引な取り調べをすることもあったそうですが、仕事への評価はよかったらしい。盗撮事件の捜査や取り調べを担当していたこともあり、犯行の手口も熟知していますよね」(前出の女性)

 まさにミイラ取りがミイラになったような今回の事件。犯行日時は1月6日午後、場所は大分市内のJR日豊本線沿いにある大型スーパー。食品、日用品、衣料品など品ぞろえも豊富で、平日の昼間からにぎわっている。