舞台で輝きを放ち、生で会える(見られる)俳優が本当に仲のいい俳優を指名してトークする「生で会えるイケメンリレー対談」、通称“生イケ対談”連載。

 第31回は神永圭佑さんが平田裕一郎さんを指名! 『』本誌(2018年4月17日号)のスペシャル対談の続きを、たっぷりお楽しみください。

左から神永圭佑、平田裕一郎 撮影/森田晃博

出会いがストレートな芝居でよかったと思う

――二人の初の差し飲みは中野の串カツ屋さんだったそうですが、どんな話をしたんですか?

平田 共通の友達のこととか、『テニミュ』(ミュージカル『テニスの王子様』)の話とか。あとは『トンマッコルへようこそ』(二人が共演した、劇団桟敷童子の東憲司さん演出の舞台)の現場が、最初“大丈夫かな”ってう不安もあったので。「お互いに支え合おうぜ」みたいな話をした記憶はありますね。

神永 うん。お互いに頑張ろうねって話しましたね。

平田 でも、稽古(けいこ)中は一緒にいる時間が長かったね。

神永 そうでしたね。

平田 他の人がやってるときも稽古場にいなきゃいけないという、劇団桟敷童子さんのスタイルがあったので。だから、お互いの芝居を見る時間も多かったし。

神永 うん。芝居が上手い人が多かったですよね。

平田 そこで、圭佑の芝居がいいなって思って。『トンマッコル~』は、朝鮮戦争を舞台にした話で、圭佑が演じたのは、北の人民軍のキラキラした若い純粋無垢な兵士で、それがバッチリハマってて。圭佑の、上辺だけでやらない、気持ちの入った芝居が好きで。演出の東憲司さんの、技術でやるんじゃなくて、もう感情と感情をぶつけろ! みたいな演出もすごく面白かった。

神永 うん。印象的なのは、裕一郎くん演じる南の国防軍の兵士が苦しい思いを独白するシーンがあって。その役は、原作の韓国映画を観て、40代くらいの人がやるような役っていうイメージがあったんですけど。裕一郎くんの芝居を稽古場で見ていて、若い役者がやるから、苦労や大変さがより切なく伝わるんだなって。

――芝居の部分で共感できた。

神永 そうですね。

平田 あと、印象深いのは、稽古の前半でみんながまだ探っているくらいのときに、圭佑はもう第1アクションでボロボロ泣いて感情が入ってて。「うお~! 稽古のこの段階からこんなにガチで、マジで熱いな、全力なんだな」って思いました。

神永 いやいや。まあそこは死ぬシーンだったので、そもそもシーンが良くて。北と南は対立しているんですけど、結局最後は、アメリカの空爆でみんな一緒に死んでしまうっていう。

平田 悲劇的な話なんです。でもファンタジーなんですよ。

神永 だからけっこう笑えるところもあったり、本当にいい作品でしたよね。

平田 出会いがこの作品で良かったなと思う。こういうストレートな芝居で。

神永 そうですね。僕自身、本当に葛藤してたから。裕一郎くんもその独白のシーンは、東さんにいろいろ言われていたし。

平田 苦戦したからね。

神永 お互い葛藤してるっていう感じだったので、二人とも課題がそれぞれあって。だから、なんか同じ苦しみを味わって、それを乗り越えた方っていう感じがする。一緒に強くなれた感じがありましたね。終わったあとに。

平田 そうだね。役者としてリスペクトできる存在になれたのは大きかった。