「光進丸」アップ

「ドカーンという大きな音がしたから外へ出てみたら、船の端から端まで燃えていて、炎が10メートルくらい上がってたよ。消防団も海の上だからなかなか消火活動ができなくてね。

 加山さんは地元の人間にすごく優しくて、 “船を停めさせてもらってるから”ってTシャツを配ってくれたり、お盆には花火を船から上げてくれたり……。悲しいというより、つらいね」(港近くの住民)

 4月1日夜、静岡県西伊豆町の安良里港に係留していた加山雄三が所有するクルーザー『光進丸』が炎上した。

焼けてしまった光進丸

「消火に時間がかかり鎮火したのは2日の朝でした。管轄の下田署は、船内のエアコンから出火した可能性があるとみて、原因を調べています」(一般紙記者)

 現在の『光進丸』は3代目で、'82年に進水した。2日の夜に開いた会見で加山は涙ながらに、

「半身を失ったくらいつらい」

 と、長年の相棒を惜しんだ。

 実は昨年9月に、『』記者は加山の光進丸に乗船させてもらっていた。彼が新しい船を造っているという件と、船上に長期滞在しているらしいという噂の取材をしたかったからだ。

 安良里港で取材を続けていると、係留してあった船のデッキから加山本人が現れた。

「ん? 船のこと聞きたいって? しょうがねぇな……。じゃあこっち来いよ! 船に上がってこい!」

 なんと突然訪ねた記者を船に招いてくれた加山。全長30メートルほどの大きなクルーザーで、翌日に控えていたライブのリハーサルをしていたのだ。そのとき彼は、船での過ごし方を楽しそうに話してくれた。