未熟児で生まれ、3歳で脳性まひの診断が下された水晶。リハビリのために始めたヴァイオリンだが、シングルマザーゆえの金銭的な問題、閉鎖的な業界の偏見やいじめなど、試練の連続だった。母はがんを患いながらも“私が死んでも、この子が社会に出て生きていけるように”と、闘い続けてーー。
本文を読む