貯金全額を失った『藤崎マーケット』のトキさん 撮影/齋藤周造

 去る1月のコインチェック騒動。サイバー攻撃を受けて580億円もの仮想通貨『ネム』が盗まれたが、ここに全財産をつぎ込んでいた男がいたーー。

 トキさんが仮想通貨を知ったのは、昨年11月。

「周りにやっている芸人が多くて。“預けていただけで儲かったよ”みたいな話をよく聞いて。僕は、かなり遅いほうでしたね」

 まずは、コインチェックにアカウントを作り、値動きを見た。

「当時は、ビットコインが120万円くらい。ネムやリップルは、人気のわりにはまだ値段が上がりきっていなくて。そのときのネムは30円〜40円くらいでしたが、詳しい先輩は“100円、200円くらいまでは上がるよ”と」

 とりあえず1万円分のネムを買ってみると連日、右肩上がりで、すぐ2倍。さらに10万円分を購入すると、これも数日で2倍になった。

「銀行の預金をスライドさせてるだけなのに、連日増えていく。これは、早く入ったもん勝ちという判断になり、12月なかばには貯金全額を投入。もう、欲まみれです(笑)

 その金額は、安めのBMWが買えるくらいだったそう。

年末年始には一気に3倍に。暇さえあれば、携帯で値動きをチェックして。完全に調子に乗っていましたね」

さよなら、僕のネム

 後輩に焼き肉をおごりまくったり、兄にゲーム機をプレゼントしたり。芸人をやらなくても、このまま食べていけるかも……と思いかけた矢先、騒動は起きた。

「その日は『R-1ぐらんぷり』の3回戦に向け、練習をしていて。夜中1時くらいに、休憩がてら携帯を見たら……。本当に、目から火花出た感じ。ネタどころじゃなくなり、始まった記者会見にくぎづけ。一気に現実味が……」

1月26日、コインチェック騒動を知ったときのトキさん。携帯の画面には謝罪会見が。超リアル