中学生時代の岩倉知広容疑者

 凶器は一切使っていない。手にかけた5人の死因は全員、頸部圧迫による窒息死だった。

 自衛隊に入隊していたという腕力と、「スラッとして背が高い」(70代の近隣女性)という長身から拳を振り下ろし相手の顔面を激しく殴った後に、無職の岩倉知広容疑者(38)は、抵抗のできない相手の首を素手で絞め殺した。

殺害後の容疑者に会った

 鹿児島県日置市東市来町の民家で3月31日の夜、最初に父親の岩倉正知さん(68)を殺害した。祖母の岩倉久子さん(89)に暴行する息子を止めに入ったところを、もみ合いになった。その後、自分の孫が自分の息子を殺すという凄惨な現場を目の当たりにした久子さんを……。

 2人を殺した6日後の知広容疑者に会ったという人物がいる。日置市のシルバー人材センターの担当者だ。正知さんは同センターから派遣され、同市内のスーパーで働いていたという。

「勤務日数などを月の頭に報告に来ていただくのですが、4日と6日に正知さんの携帯に連絡してもつながりませんでした。6日に別の担当者が勤務先に出向いたところ、勤務日の4日に欠勤していることがわかりました」(同センターの事務局長)

 正知さんの兄(=容疑者の伯父)に連絡する一方で、その担当者は自宅を訪問した。

「呼び鈴を2回押しても誰も出なかった。帰ろうと門を出るところで、後ろから息子さんに声をかけられたそうです。“お父さんはいらっしゃいますか”と尋ねると、“大分に行っていていない”と話したということです。落ち着いた様子で、不審な感じはしなかったといいます」(同前)

 容疑者と訪問者との距離は数メートル。「もし近づいていたら巻き込まれていたかも……」と事務局長は言葉を飲み込む。

 担当者が訪問したまさにその6日の午後、知広容疑者はさらに3人の命を奪っていた。