グリップを握る手にも力がこもっていた。車イスから身体がずり落ちないよう、上半身はサポートバンドで固定

「私の友人が、この公園でケンタロウさん夫婦を見かけたことがあるって言ってましたよ。今年の花見の時期にもいらしていたみたいです」

 都内の公園で犬と散歩していた女性が漏らしたひと言。'12年2月4日にバイク事故で重傷を負った彼の自宅から徒歩数分の場所だ。順調にリハビリが進んでいるのだろうか。

 4月中旬の午後、彼が住むマンションを訪ねてみた。すると、エントランスから姿を現したのは、妻に付き添われて黄色い車イスに乗ったケンタロウだった─。

高次脳機能障害、そして始まったリハビリ

ケンタロウ(写真=共同通信)

「ケンタロウさんのバイク事故は、首都高速道路のカーブを曲がりきれずに高架から約6メートル下の道路に転落するというものでした。一時は意識不明で、生死の境をさまよったそうです。一命をとりとめましたが、両手両足が麻痺。意識は回復したものの、高次脳機能障害が残りました」(スポーツ紙記者)

 故・小林カツ代さんを母に持つケンタロウは、美術大学に入ってイラストレーターとして活躍。その後、母に学んで料理研究家となり、テレビや雑誌などで大人気となった。

お母さんが昔からの家庭料理を得意としていたのに対し、ケンタロウさんはポップなセンスを持っていました。若者のライフスタイルにマッチしたレシピを提案していたんですね。しかも簡単に作れるものばかりなので、料理が苦手な女性たちからも支持されました」(料理ライター)

 カジュアルなファッションで軽やかに料理する姿が人気となって、数多くのレシピ本を出版。若手料理研究家のホープとして期待を集める中での悲劇だった。