金曜ドラマ『あなたには帰る家がある』のワンシーン

芝居のうまい役者さんで魅せていく大人のドラマです。夫婦間の秘密や本音など“あるある”が満載で日本一、夫婦一緒に見られないとの反響もいただいています(笑)。

 2組の夫婦の不満やすれ違いを描いた本作の主人公は40代ですが、意外にも20代の方々も夢中になってくださっています」

 こう語るのは、高成麻畝子プロデューサー。

 刑事もの、医療ものドラマが多い昨今、王道といえる人間模様を中心に描いたホームドラマに自信を見せる。

現代の妻100人以上に取材しリアルを追求

 原作は、直木賞作家・山本文緒が1994年に発表した同名小説。

「(原作は)夫婦という普遍的なテーマ、そこに起きる問題をとても丁寧に皮肉を交えて描いた作品で、今の時代にも通用すると思いました。

 上梓された時代から25年近くたっているので、現代のリアルな夫婦像を盛り込むため仕事と家事の両立、子育てや夫との生活について100人以上の女性に取材しています」(高成p、以下同)

 ヒロインの佐藤真弓を中谷美紀、真弓の夫の秀明を玉木宏、秀明の勤める住宅販売会社の顧客で、真弓の取引相手でもある中学教師の茄子田太郎をユースケ・サンタマリア、太郎の妻で秀明と道ならぬ恋に落ちる専業主婦の綾子を木村多江がそれぞれ演じる。

4人のキャラクターが物語の牽引力になるので、キャスティングにはこだわりました。大人のドラマにするために、それぞれの年齢を原作より10歳上の40代に設定したのですが、この年齢の、この俳優だからこそ、このキャラクターなのね……と見る方に納得していただける4人だと思います。それが本作いちばんの魅力かと」

 4人の役どころについてはこう語る。