中山美穂、キム・ジェウク 撮影/廣瀬靖士

 年上の美しい売れっ子小説家・涼子と、作家を目指す韓国人留学生・チャネの”愛の記憶“を描いた映画『蝶の眠り』。韓国のチョン・ジェウンが監督したことから、昨年10月の釜山国際映画祭で初上演され、レッドカーペットに登場した涼子役の中山美穂(48)とチャネを演じたキム・ジェウク(35)に”ベストカップル!!“と称賛の声が上がった。

キム・ジェウク(以下、ジェウク)「気持ちよかったですよ(笑)」

中山美穂(以下、美穂)「ええ、光栄です」

 笑顔を浮かべるふたりは、それ以来の久々の再会だと言う。落ち着いた声のトーンと、気持ちいい会話の流れ。それは、本編の涼子とチャネを見ているよう。

美穂「わりと、(会話で)温め合わなくても、こんな感じでした」

ジェウク「自然に、特にきっかけがあったわけでもなく」

美穂「出会いから始まるストーリーなので、役にしたがって距離が近づいていったのかもしれません」

 作品では、チャネが涼子の執筆を手伝うことで、年の差を超え惹かれ合っていく。

美穂とても失礼かもしれませんが、(ジェウクを)あまり年下と思わなかった。涼子がチャネに特別な感情を抱いたように、このくらいの年齢になれば、別に年が上でも下でもフィーリングが合えば、相手に惹かれていくと思うんです」

ジェウク「おっしゃるとおりです。僕も、美穂さんとは、最初からすごく気持ちが楽でした

美穂「(ジェウクが)自然体でいてくれたから」

ジェウク「撮影中もちょこちょこ話をしたし、監督がリハーサルのときに美穂さんに伝えたいことがあるときに」

美穂「(ジェウクが)通訳してくれて」

ジェウク「逆に、美穂さんには日本語のイントネーションを教えてもらったり」

 日本人スタッフによって、日本で撮影された今作。セリフは、全編日本語。子どものころ、日本で生活をしたことがあるというジェウクだからこその流れるように耳に入ってくる美しい発音。

美穂本当に、すごく心地いい日本語だと思う

ジェウク(テレながら)頑張りました