'18年元旦初詣に参拝する山口

 5月10日、山口達也の騒動で打ち切りになった『Rの法則』(NHK Eテレ)について、NHK会長は損害賠償請求を検討していると明言。水面下では関係者が騒動の後始末に追われている。

「NHKはギャラや制作費は安いですから、この番組も制作費は1本200万~300万円ほど。損害賠償金といっても数百万円程度ではないでしょうか。ですが、急きょ番組を差し替えたり、出演部分をカットした民放は、こんな損害ではすまないでしょう。

 それなのに、『ザ!鉄腕!DASH!!』など山口さんが3本もレギュラー番組を持っている日本テレビや、『TOKIOカケル』のフジテレビなどは、すでに損害賠償は見合わせることを決めたようです。まあ、両局とも嵐をはじめとしたジャニタレにおんぶに抱っこですから。ここで事務所に“貸し”を作っておこうということなんでしょうね」(スポーツ紙記者)

 テレビ局は泣き寝入りしても、TOKIOに年間8000万円とも1億円ともいわれているCMギャラを支払うクライアント企業は黙っていないだろう。

「山口さんはほかのメンバーと一緒に『ヤマト運輸』と『スズキ自動車』のCMに年間を通じて出演していた。すでに両社ともCM放送を中止しています。その間、企業は宣伝活動の機会が失われるわけですから、普通ならそのぶんの莫大な違約金が発生するのです」(広告代理店関係者)

 だが、人気アイドルを数多く抱えるジャニーズ事務所の力は、広告業界でも絶大だ。