エフゲニア・メドベージェワと羽生結弦

「何よりもまず、エテリ・トゥトベリーゼ先生、そしてすべてのコーチに感謝をしています。貴重で実り多いトレーニングや、並はずれた辛抱強さで私を見守ってくださり、ありがとうございました」

 7日にロシアのスケート連盟を通じてコメントを発表したのはエフゲニア・メドベージェワ。長年師事したコーチのもとを離れる決心をした。

「平昌五輪では、女子シングルと団体で銀メダルを獲得。金メダルこそ逃しましたが、現時点でのSPとフリーの総合得点は世界歴代1位です。今でも十分強い彼女ですが、環境を変えて高みを目指したいという理由から、活動拠点を変えるそうです」(スポーツ紙記者)

 彼女が次の拠点に選んだのは、絶対王者の羽生結弦が所属するカナダの『クリケットクラブ』。ブライアン・オーサーコーチに師事するという。

「五輪直後のシーズンは、次の五輪に向けて練習環境が変わるというのはよくあることです。しかし、ロシアの選手が国外のコーチに師事するのは極めて異例。国外のコーチに師事する際には国籍の変更が通例であるほど、ロシアでは国内選手の囲い込みが激しいのです。

 特にロシアの女子選手は若い選手が台頭しており、熟練の選手は少ない状況。メドベージェワ選手も先を見据えて、従来の練習法を打開するための決断だったのでは」(スポーツライター)

 彼女はなぜ、カナダを練習拠点に選んだのか。その一因には、やはり羽生がいるということが挙げられる。