“リーダー会”の礼儀

左からV6・坂本昌行、TOKIO・城島茂、元SMAP・中居正広

 城島と中居は同年、坂本は遅れて2年後にジャニーズ事務所に入所し、ともに当時の寮である“合宿所”で10代を過ごした仲だ。

「とくに城島と中居は“くされ縁”で、同じく古株の山口さんともよく“つるんで”いたそうです。年は城島のほうが上ですが、尊敬の意を込めて“中居ちゃん”と呼んでいますね。何かあれば連絡を取っているみたいで、それこそ恋愛事情も知っていることでしょう」(芸能プロ幹部)

 '11年1月にはフジテレビ系の特番『中居のかけ算』に、城島と坂本が出演して「リーダー対談」が実現。それぞれの結婚観やグループ愛話に花を咲かせていた。

 そんな旧知の仲だけに、グループの危機についても相談をしていると思いきや、

「そこは一切、口を挟まないそうです。“グループの問題は、それぞれのリーダーが責任を持つ”として、話をしないことが“リーダー会”の礼儀だとしているのです。特に今回は山口さんの件だけに中居さんも言いたいことはあったでしょう。ですがSMAP解散後の中居さんがそうだったように、城島さんもプロに徹して仕事を全うすることが、ファンや関わるスタッフへの顔向けなんですね」(同・芸能プロ幹部)

 ただでさえ大変なリーダー職。国民的グループのソレは想像を絶する。