新曲の歌詞に熱い思いを託し、スクリーンを背にして逆光で熱唱する西城秀樹

*この記事は『』2012年12月4日号に、6ページにわたって掲載された「人間ドキュメント・再発した「脳梗塞」西城秀樹さん」をニュースサイト『Estigmas』に転載したものです。

 舞台中央にリフトに乗った秀樹のシルエットが浮かび上がると、会場から歓声とともに拍手が沸き起こった。

 HIDEKI SAIJO

 CONCERT 2012

 心響 ―KODOU―

 2度目の脳梗塞で倒れてから1年も待たずに西城秀樹がステージに帰ってきた。

 2本の脚でしっかり立ち、片腕をまっすぐ上に上げ、静かにオープニングナンバーの『蜃気楼』を歌い始める。

 まるで自らの心情を歌に託すかのように─。

崩れゆく灰のよう 

  俺を呼ぶ叫び声

    今確かに聞こえる

もう一度だけなら

  立てる気がした

焦げつきそうなこの身体

  闇に塵の世 

   一筋の光求めて

 スクリーンに映し出される歌詞が胸に迫る。未発表の新曲とはいえ、この歌には、苦しいリハビリに耐えて復活にかける秀樹の思いが、痛いほど込められていた。

 2曲目からはリフトを降りてステージに。トークなどではイスに座ったが、杖をつくこともなく、『抱きしめてジルバ』『ギャランドゥ』『情熱の嵐』『ブルースカイブルー』など、おなじみの大ヒット曲を次々に披露していく。

 ステージ上を移動する足取りこそゆっくりしていたが、目をつぶって聴いていると脳梗塞を患ったとはとても思えない、張りのある声、そして歌唱力である。

「毎日毎日がリハビリです。来年あたりは、もっと元気になっていたいなぁと、そう思っています。今日のコンサート、見守っていただけたでしょうか!」

 トークを交えて2時間、18曲を歌いきると、秀樹は満足そうな笑みを浮かべた。

  ◇   ◇   ◇

 秀樹ファンにとって、とても待ち遠しく楽しみにしているのが、恒例の「秋のコンサート」である。

 今年も、秋のコンサートのステージに立つ。その思いを胸に、秀樹は懸命にリハビリに励んできたに違いない。

「みんなに僕の心の叫び、生きている心の喜びを伝えたかった。歌が下手だろうが、足がよろけようが、僕にはもう1度歌いたい歌がある。伝えたい言葉があるから」

 日を改めたインタビューで、秀樹は言った。

「病気になったことで、日常の中にある小さな幸せに気づけた」

 そういえば、会場で揺れるペンライトのイルミネーションを舞台から見つめ、

「いいねぇ。これが秋のコンサートだよ」

 と客席に語りかけた秀樹の満足げな姿が、とても印象的だったのを思い出した。

「デビューして40年、シングルだけでも86曲出しました。1曲1曲、とてもかわいいんです。どの曲も大好きです。歌うたびに、僕自身が励まされる。先日のコンサートでも、本当に力をもらいました。さすがに終わった次の日は、疲れきって死んだようになったけどね(笑い)。

 でも今は“じゃあ、次は年末のディナーショーだ”って。歌を歌うこと、目標を持つことで生きる勇気がわいてくるんです」

 そして現在の思いを、こうも語ってくれた。

まだ早くしゃべろうとすると聞きづらいかもしれないけど、歌詞をメロディーに乗せて歌う分には、まったく問題はないんです。

 芸能界には歌のうまい人はたくさんいるけど、僕は病気をしたからこそ歌える歌があると思っている。これからは詞が伝わってくるような、味のある歌を歌いたい

 それにしても……と、苦い思いがこみ上げるのは、2度目の脳梗塞を患ってしまったことだ。

「正直、もっと厳しく自分を律していれば、という後悔はある。自分なりに気をつけていたつもりだけど、どこかイヤなことは忘れたいという甘さもあった。9・5まではできていたが、10までのツメが甘かった。

 この病気の恐ろしさ、厄介さを知ってしまった2度目の発病の時は、最初の何十倍ものショック。1回目でアッパーカットを食らった気になってたけど、今思うとあれは軽いジャブで、本当のアッパーカットは2度目にくらったんだなぁと思うよ

 実は1度目よりも、今回の2度目のほうが、後遺症は重かったのだから……。