辞意表明の会見中、高橋市長は終始、不機嫌そうな表情を記者たちに向けていた

 非を認めない市長を追い込んだのは4人の女性職員だった。まさに職を賭し5月22日、実名でセクハラを告発した。

 民進党の太田久美子市議は、

「仕事を辞める覚悟がないと、市長には逆らえない。セクハラを訴えたり何かしようものなら、本当に飛ばされてしまうんです。市長は権力を私物化しているように思います」

 東京都狛江市の“セクハラ市長”高橋都彦市長は4人の訴えに覚悟を決め、翌23日の会見で辞職を表明した。

 ただし、セクハラに関しては「認識に開きがある。心当たりはない」「自分のやったことはセクハラのレベルとは考えていない」「受け手がセクハラと受け止めればそうなる」「性的関心を持ち女性職員と接したことはない」などと語り、言外に不満たらたら。

被害女性職員4人が市長にあてた抗議文

 高橋市長は2012年に初当選し、現在は2期目だった。

セクハラ市長の汚い手口

「昨年の秋くらいから、市長がセクハラをしているという話を聞くようになりました」

 と市職員OBにもうわさが広まっていたが、市長の暴走は1期目から始まっていた。

 被害者の1人に話を聞いた。

「1期目のときです。立食形式でお酒のある会合でした。ほかにも人がいたのですが、突然お尻を触られました。“きゃぁ、市長!”って声を上げるとスーッといなくなりました。市長がそんなことをするなんてショックでした」

 と市関係者のA子さん。