雅子さまは米原市内にある医療福祉施設で、リハビリをする少女に「上手ですね」と声をかけられた

 皇太子ご夫妻は、『みどりの愛護のつどい』に出席するため、5月25日から1泊2日の行程で滋賀県を訪問された。

 初日の午後、おふたりは米原市にある医療福祉センター『ふくしあ』に足を運ばれた。

「皇太子ご夫妻は、脳や身体に障害がある子どもたちが作業療法を受ける様子をご覧になりました。

 雅子さまは、電動車イスでリハビリ活動を行う脳性まひの女の子に、目線を合わせながら笑顔で話しかけ、“激励”されているように見えましたよ」(東宮職関係者)

 26日には、県立長浜ドームで「みどりの愛護」の式典へ出席したあとに、おふたりそろって『彦根城博物館』に立ち寄られた。

「彦根の歴代藩主・井伊家に伝わる美術工芸品や古文書を中心に、9万1千点以上の資料が収蔵されています。

 ご夫妻は計6テーマの展示を回り、能に使用する面や装束、江戸時代の武具や茶道具を感心した様子でご覧になっていました」(博物館関係者)

 皇室を長年取材するジャーナリストで文化学園大学客員教授の渡邉みどりさんは、この博物館訪問の“意義”を次のように説明する。

「皇后になられたあとは、海外からのお客さまに日本文化や、伝統ある施設をご案内する場面もあるでしょう。

 '20年には東京五輪もあり、その際にも多くの海外の方々と接する機会が多いと思われるので、博物館を訪れたのは、勉強の一環として足を運ばれたのかもしれません」