洗い物をするなかみきさん。「伺う前は“どんな依頼者かな?”ってワクワクします」

 最近流行りの「シェアリングサービス」だが、シェアできるのは物や乗り物だけにとどまらない。

 家事やペットの世話、英会話のレッスン……。日常のちょっとしたことを“誰かに頼みたい人”と、“自分のスキルを生かして働きたい人”をアプリでつなげるサービスが『ANYTIMES』だ。

“得意なこと”をお金にできる

「イメージは、ご近所の助け合い。登録すれば誰でも、依頼する側・提供する側、どちらにもなれます」

 運営する『エニタイムズ』広報の松沢実穂さんはそう話す。サービス開始は’13年、現在の会員数は約4万3000人にのぼる。

「みなさん、自由な発想で“得意なこと”“できること”を提供しています。掃除や料理などの家事が目立ちますね。ひとり暮らしや共働き家庭からの依頼に、ベテラン主婦が応えるケースは多いです」(松沢さん)

 さらに民泊運営者からの掃除依頼、外国語やヨガのレッスンなど趣味に関するもの、アイドルイベントのチケット購入代行、家具の組み立てなど、まさにサービスのるつぼ!

 料金は提供者が任意で設定できる。平均単価は5000〜6000円(税込み)。週に1〜2回など、定期的にサービスを利用する人も多いという。

 提供者からは“自分のスキルが誰かの役に立つうえ、小遣い稼ぎになってうれしい!”という声が多く聞かれる。一方、利用者からは、“業者とは違った柔軟な対応をしてもらえてありがたかった”と喜びの声が多く寄せられているそう。

 実際に自分のスキルを提供している、登録ネーム・なかみきさん(47)は笑顔でこう話す。

「ANYTIMESを知ったのは2年前。テレビを見ていて、“これだ!”と思いました」

 なかみきさんは保育士の資格を持つ、5人の子どものママ。家事代行やシッターを本業としている。