左から、室井滋、飯田譲治 撮影/森田晃博

「50代でも60代でも若いころのように楽しみたい、暴れたいって気持ちはあるよね。このドラマでは、中年になっても“ヒーローやヒロインになれるんだ!”ってことを何よりも表現したかった」

 そう話すのは、6月3日より放送がスタートするドラマ『アイアングランマ2』(NHK BSプレミアム)の監督を務める飯田譲治氏。飯田氏と30年来の友人である室井滋と大竹しのぶがダブル主演を務める。

 本作は、元スパイのおばちゃん2人が悪者たちとスリリングな対決を繰り広げた『アイアングランマ』の続編。

 中年女性が主役のアクションドラマはあまり見たことがないけれど──。

室井(以下、室)「日本って、年齢によって役割が決まっているようなフシがありますよね。本来、年齢に関係なく、アクションだってなんだって勝負できるっていうことが理想ですよね」

飯田(以下、飯)「あと、お年寄り向けの作品はわかりやすくしないと見てくれないなんてことは絶対ないと思う。元気で、知的な人が楽しめるものにしたいと思ったんだよね。

 この作品は、そういう意味では最初からしげ(室井)と大竹さんをイメージして、元気な感じで書きました

 前作に引き続き、本作も本格的なアクションシーンがたっぷりのようだ。

「前作の撮影から3年たっているってことは、つまりすでに3つも老けちゃったってことじゃないですか(笑)。だから撮影に入る前は、ちゃんとできるか少し不安はありましたね」

「じゃあ、これのためにやせたりしてくれたの?」

「やせてはいないけど(笑)。でもプールに通って、水中で腹筋200回はしていましたよ

「浮力があるから楽なんじゃないの?」

「そんなことないわよ!」

「あ、そう……」