草なぎ剛 撮影/山田智絵

父とは、キャッチボールとかを一緒にした記憶がありますね。少なくとも、光一みたいなお父さんではなかったかな(笑)

 '19年に公開される、西加奈子氏原作の映画『まく子』で、草なぎ剛(43)が“ダメおやじ”に!? 主人公・南雲慧(山崎光)が、不思議な魅力を持つ転校生・コズエ(新音/にのん)と出会い、父・光一(草なぎ剛)や母・明美(須藤理彩)らとともに、家族の絆(きずな)や、思春期の子どもの成長、葛藤を描いた物語。

 今作で映画初主演を務める“中学生座長”には、草なぎも舌を巻く。

「光くんも新音ちゃんも、まだ13、14歳で。本当に中学生座長、すごいなって思います。僕も彼らくらいのときには仕事をしていたけど、思春期ならではの揺れ動く気持ちとか、何事に対しても初々しい気持ちって大人になってしまったら忘れてしまうからこそ、大事だなって思います

 しかし、しっかり者の光くんも撮影のときは「毎日、お母さんが電話で起こしてくれるんだもんな」と、草なぎに可愛らしい一面を暴露される場面も。

 取材中もとっても仲よさそうに話す草なぎと光くんは今回が初共演!!

おにぎりを親子一緒に食べるシーンがあったんですが、光くんなんて、おにぎり17個くらい食べてたもんね(笑)。最初は若いから大丈夫だろうって思って見ていたんですけど、途中から“さすがに食べすぎじゃないか?”って心配に(笑)。でもリアルを追求するために、変に間引いたりせずきちんと表現しようというのが、この映画のよさにもつながっていると思います」