婚活ライターをしながら、仲人としてもお見合い現場に携わる筆者が、目の当たりにした男女の婚活事情を、様々なテーマ別に考えてゆきます。今回は、『お見合いでの金銭感覚』です。

シニアの初婚男性はケチな人が多い!?

いきなり貯金通帳を見せられても

「もう、びっくりですよ。いきなり貯金通帳と土地の権利書を見せられました」

 こういうのは、先日58歳の男性、池野さん(仮名)とお見合いをした48歳の戸田貴美恵さん(仮名)。

 今やシニア婚もポピュラーになってきました。貴美恵さんは、20代半ばで結婚、男の子をもうけたものの、浮気を繰り返す夫に三くだり半をつきつけて、子どもが小2の時に離婚。

 以来、シングルマザーになり、無我夢中で仕事と子育てに奮闘してきました。その息子がこの春に大学を卒業して就職をし、ひとり暮らしを始めたのです。そこで、ご自身の再婚を考えるようになりました。

 貴美恵さんのように20代で結婚、出産、離婚。その後、40代、50代に入って子どもが独立したことをきっかけに、第二の人生を考えて婚活を始める人たちが増えています。

 また最初の結婚で、元夫の浮気、借金、ギャンブルなどで苦労をした女性たちは、年齢や見た目よりも、お人柄や安定した収入で男性を選ぶことが多いのです。

 実際に貴美恵さんも、こんなことを言っていました。

「前の夫は、ハンサムで高身長、見た目に惹かれた部分が大きかったんです。口もうまかった。出会ってすぐに私が夢中になりました。でも、そういう男性というのは、よそでも女性を口説くんですよ。女癖の悪さで苦労するのはもうこりごりなので、今回は見た目よりも誠実で堅実な方を望みます」

 そこで、お見合いをすることになったのが、58歳で初婚の池野さんでした。

 役所に勤めていてあと2年で定年ですが、公務員なら年金もしっかりしている。また、備考欄に、“預貯金、資産があるので定年後の生活には困らない”と書かれていたことにも堅実なお人柄を感じました。