婚活ライターをしながら、仲人としてもお見合い現場に携わる筆者が、目の当たりにした男女の婚活事情を、様々なテーマ別に考えてゆきます。今回は、『肉体関係は結婚へとつながるのか』です。

男女の仲になったからといって、それが結婚につながると思っていたら大間違い

2、3か月つきあうと関係が終わってしまう

 結婚相談所の規約の中に、“男女の関係になることは、成婚とみなす”という項目があります。つまり“結婚が決まるまでは、エッチしちゃダメよ”ということですね。

「そんな明治、大正、昭和初期でもあるまいし、時代遅れでしょ」という人もいるでしょう。また、「カラダの相性が合わない人と結婚したら、その先ずっと不幸ですよ。試すことも大事!」とお考えの人もいるでしょう。

 おっしゃることはごもっとも。ただ“結婚を前提とした出会い”を提唱する結婚相談所においては、この線引きをしておかないと、出会い系サイトや婚活アプリとなんらかわらなくなってしまう。

 先日も、入会面談にきた弥生さん(33歳、仮名)が、こんなことを言っていました。

「ここ2年くらい婚活アプリで活動をしていました。“いいな”と思う人には出会えるんですよ。でも、どうも結婚までたどりつけない。おつきあいに入っても、2、3か月すると、気持ちがすれ違っていくんです」

 どうしてすれ違っていくのでしょうか?

「回数を重ねて会っていくうちに、男性との価値観の違いに気づいて、“この人とは結婚できないな”と思う。あとは、相手の仕事がすごく忙しくなって、会えないうちにお互いのテンションが下がって、自然消滅的に終わってしまったりするんです」

 弥生さんの話をよくよく聞くと、アプリで知り合った男性とは、だいたい2回目か3回目のデートで男女の関係、つまりエッチをしていました。