静香に連れられ、長女とヴァイオリンのコンサートに参加したKoki('13年10月)

 芸能界に“二世タレント”は多い。そしてデビュー時に、誰が親であるかは多くの場合、知られていて、当然のように“七光り”が働く。

 だが、なかにはブレークするまで誰が親か知られることがない場合や、そもそも報じられない場合もある。

宇多田ヒカルが代表的な例として挙げられますが、彼女は才能があって、“七光り”に頼る必要が全くなかったからです。ですがモデルとなると、その才能を測るのは難しいでしょうね。それに宇多田の母親の藤圭子と木村拓哉では話題性において、くらべものになりません」(音楽誌ライター)

 ネットでは、

「両親の名前を伏せてデビューしてほしかった」

「両親のことを隠しておいた方がかっこよかった。成功しても“七光り”だと思われるし」

 というような意見が見られた。だが、厳しい見方をする人も。

キムタク・静香の娘ということが知られていなかったら、当たり前ですが、こんなに話題になったとは思えません。もし彼女に才能がなければ、ブレークしないで終わる可能性も大きいですからね」(芸能プロ関係者)

 Koki本人は、両親の名前を一切出さないで活動していくつもりだったそうで、撮影も極秘で行われたというが、結果的には瞬時に知られることになった。

Kokiさんご本人が知っていたかどうかわかりませんが、今回の鮮烈なデビューは“静香さんサイド”の戦略だったのではないでしょうか。あの雑誌のプロモーションの仕方と、その後の報道の流れをみれば、仕組まれていたことは一目瞭然です。

 静香さんは結婚してからこれまで、夫のこともあって、表舞台で自分が望むように芸能活動することはできませんでした。子どもを華々しくデビューさせることで、うっぷんを晴らしたかったのではないでしょうか(笑い)」(前出・芸能プロ関係者)

 芸能界は実力の世界。これほどまでの“七光り”があっても、必ずしもブレークするとは限らない。偉大な両親よりも大きな光りを放つ日はくるのか!?

<芸能ジャーナリスト・佐々木博之>
◎元フライデー記者。現在も週刊誌等で取材活動を続けており、テレビ・ラジオ番組などでコメンテーターとしても活躍中。