女性の永遠のテーマである “ダイエット”。最近は、糖質制限ダイエットが流行っているが、実はそこには「恐ろしい罠」があるというのは、『40代からの食べてやせるキレイな体のつくり方』(あさ出版)の著者である三田智子さん。彼女が理事を務める「日本栄養バランスダイエット協会」が提唱するダイエット法とはーー

黄金バランスの食事がモデル体型を作る

糖質制限ダイエットの恐ろしい罠

 糖質制限ダイエットが大流行したこともあり、痩せたいなら糖質をカットすればいいと考えている方はとても多いようです。

 しかし、糖質制限には恐ろしい罠があります。

 私の周りの40代以上の糖質制限ダイエット経験者の多くは、糖質をカットしても痩せないか、痩せても元の体重以上にリバウンドしてしまっています。

 一生、炭水化物を食べないのであれば話は別ですが、ほとんどの方は目標体重に達したら(もしくは目標体重の志半ばで)、糖質を摂取するようになります。

 すると、それまで長期間、糖質が体内に入ってこなかったために、身体は次にいつ糖質が入ってくるかわからないという焦りから、摂取した糖質を「脂肪」として蓄えようとしてしまうのです。

 糖質制限ダイエットとは、痩せたい気持ちとは裏腹に、脂肪がつきやすい身体を自分でつくっているようなものなのです。

 特に40代以降の方は、栄養を制限する方法で痩せると、肌がカサカサになったり、シワが増えたりなど美を損なうだけでなく、健康も害する方が少なくありません。