柳沢、一問一答に意気消沈

6月上旬、自宅近くで柳沢を直撃。動揺はあまり見られず、観念したような様子だった

─5月20日の夜、渋谷でAさんという女性とホテルに行きましたよね?

え〜、たまたまちょっと彼女がファンで知り合って、まぁちょっとご飯食べて

─ホテルで一緒に泊まっていますよね?

一緒には泊まってはいないんですけど……一緒にまぁ飲んで、朝帰って……

─一緒にホテルで過ごした男女の関係に見えたのですが。

「いや……ないです」

─4月にも、試合の前日に宿泊したホテルでAさんと会っていますね?

「そういうまぁ、ちょこちょことお会いして……」

─一緒に泊まられていますよね?

いや、一緒には泊まっていないです

─同じ部屋で過ごしていますよね?

少しお会いしたのは……事実です

─Aさんがホテルに入ったのは夜の深い時間ですが、そこから同じ部屋で会って飲んだだけで、何もなかった?

飲むというよりは会話をしたというか……。ホントに鹿島が大好きな方なので。そこで、まぁ……お会いして、サッカーの話を……

─本当に奥さんにやましいことはないですか?

はい。これってもう載っちゃうんですよね? どうしようもないんですよね……?

 大人の男女が酒を飲み、深夜にホテルでサッカー談議とはなかなか苦しい“レッドカード級”な言い訳。大事なところで“決めて”くれるのがエース。多くのファンが彼の未来を期待していたが、決めてほしかったのは、こんな場面じゃなかったはずだ。