ジャニタレの報道番組の多さ

 NEWSは今年、11月にデビュー15周年を迎える。特別な日を目前に起きた今回の騒動は、グループの他のメンバーやファンに、相当な打撃を与える。まして小山は、報道番組の“顔”という一面を持っているから、なおさらだ。

 嵐の櫻井翔が先鞭をつけるかたちで広がった、ジャニーズタレントの報道、情報バラエティへのキャスターとしての活動の幅は広がっている。

 櫻井翔の『ニュースZERO』(日本テレビ系)のほかに、3月まではV6の井ノ原快彦がNHK『あさイチ』で朝の顔として定着した。また昨年10月からは、東山紀之が『サンデーLIVE!!』(朝日放送・メ~テレ)でメインキャスターをつとめている。

 国分太一は『ビビット』(TBS系)、城島茂は『週刊ニュースリーダー』(テレビ朝日系)、中丸雄一は『シューイチ』(日テレ系)、Hey! Say! JUMPの伊野尾慧は『めざましテレビ』(フジテレビ系)で、多くのジャニタレが報道に携わっている。

 ジャニーズ事務所を退所した山口達也の『ZIP!』(日本テレビ系)もそのひとつだった。

 そんな、毎日どこかにジャニーズタレントがその日のニュースを伝える現状について、前出の芸能ジャーナリストは言う。

「ジャニーズタレントも、今は40歳を過ぎてもずっと現役で活躍する時代になりました。歌番組はほとんどなく、ドラマもジャニーズが出ればヒットする時代でもない。

 報道・情報番組は、大きな予算もかけずにでき、一定の数字が見込める。出る側のタレントのイメージもよくなるため、今後も各局その傾向は強まっていくと思われたのですが……。Estigmasの嫌いなジャニーズアンケートでダントツ1位だった小山ですが、次回、ますます票を集めてしまいそうですね

 山口、小山と、世の中に伝える側の人間が世間を騒がせてしまう。

 小山は同日、加藤は翌8日に、それぞれ生出演する番組内で謝罪。加藤が主演する7月スタートの日テレ系ドラマは放送予定だという。

 ジャニーズのキャスター進出も、今後はペースダウンしていくかもしれない。

<取材・文/渋谷恭太郎>