突然の直撃取材にも、余裕の笑顔を見せてくれた希実子さん

「勸玄くんが出てくると、客席はワーッと盛り上がりましたよ。悲しい別れの場面でもヤンヤの喝采でしたね(笑)」(観客のひとり)

 東京の歌舞伎座で行われている『七月大歌舞伎』。市川海老蔵が座頭を務める今公演では、昼の部と夜の部両方で息子・勸玄くんと共演している。

親子共演が話題になり、チケットはすぐに完売。昨年も七月大歌舞伎に勸玄くんは出ていましたが、夜の部のみでした。5歳児には体力的にも大変だと思うのですが、セリフは昨年よりもはっきり言えてましたよ」(全国紙記者)

 歌舞伎では珍しいカーテンコールが行われ、2人が現れると割れんばかりの拍手が送られていた。新しいプリンスの登場に、歌舞伎研究家の喜熨斗勝さんも目を細める。

「勸玄くんはパパについてちゃんと経験を積んでいますし、堂々としていますね。今は注目されることがうれしくてしょうがないのでしょう。でも、海老蔵さんは、“将来の團十郎”を育てる責任とともに、自分の芸も磨いていかなくてはいけない。ものすごいプレッシャーだと思いますよ

 そんな親子に『十三代目市川團十郎』と『八代目市川新之助』のダブル襲名が決定したという。

七月大歌舞伎の記者発表で海老蔵とともに壇上に上がった勸玄くん

「立派に成長した勸玄くんを見て、松竹の幹部も頼もしく思っていますよ。そこで襲名興行を歌舞伎座で'19年4月から3か月間行い、その後、大阪や福岡などで2年かけて地方都市を回るのです。七月大歌舞伎が終われば、発表会見が行われるんじゃないでしょうか」(梨園関係者)

 3か月公演となれば、'05年に行われた中村勘三郎襲名興行以来のこと。そしてこの時期の襲名は、あの世界的イベントも絡んでくるという。

'20年に行われる東京オリンピックに海老蔵さんは組織委員会のメンバーとして関わっている。開会式などに彼が出演することも内定しているとか。そのとき、海老蔵ではなく、歌舞伎の最高峰の名跡である團十郎で出演したいという強い思いがあるのです」(スポーツ紙記者)

 また、同時に襲名する勸玄くんにとっても、来年がベストなのだとか。

歌舞伎界では6歳は非常に縁起がいい年齢と言われています。片手で親指から1、2、3と折っていき6のときだけ小指が立つ。これを“子が立つ”といって大切にしているんです。来年3月には勸玄くんは6歳になりますからね」(松竹OBで、芸能レポーターの石川敏男氏)