華やかな芸能界をはじめ、一般社会にも潜むたくさんの「ヤバい女=ヤバ女(ヤバジョ)」。持ち前の鋭い観察眼と深読み力に定評があるライターの仁科友里さんが、「ヤバジョ」の魅力をひもといていきます。

泰葉

第2回 泰葉

 すべてのオンナはヤバいもの。「良いヤバさ」か「悪いヤバさ」かが問題だと私は思っています。松居劇場で世間を騒がせた松居一代は、私から見ると「良いヤバさ」ですが(その理由は連載第1回を参照)、それでは「悪いヤバさ」代表は誰かというと、泰葉だと思うのです。

 ここで簡単に泰葉のヤバい言動を振り返ってみましょう。

 泰葉は噺家の春風亭小朝と結婚していましたが、2007年に離婚しています。離婚後、小朝をオフィシャルブログで「金髪豚野郎」呼ばわりしたことで話題を集めましたが、この時は特にコトを起こすことはありませんでした。

 それから10年経った2017年、泰葉は小朝のDVを暴露しだします。勢いがついたのか、実家である海老名家の秘密(母親の冷酷な仕打ち、海老名家の脱税、甥からのセクハラ)を暴露し、世間の注目を集めます。ネパール人の青年や坂口杏里を養子にすると言い出したり、元夫である小朝や和田アキ子を提訴すると記者会見も開きました。ヘアヌードを披露したり、フェイスブックで知り合った年下のイラン人男性と婚約会見を開きました。都知事選への立候補も宣言しています。

 突如マネージャーにストーカーされていると訴えましたが、本誌『』によると、嫌がらせをしていたのは泰葉のほうで、資金難から音楽活動ができなくなったことを泰葉が逆恨みし、マネージャーの自宅の前に、犬のフンと出刃包丁を置いたそうです。CD制作のために、クラウドファンディングでファンからお金を集めましたが、CDは届かず、お金も返ってこないなど、金銭トラブルも多数抱えているようです。

 言うまでもなく、泰葉の言動はヤバいですが、大きなことをぶち上げても何ら実現していないことにお気づきでしょうか。だって、カネがないから無理なのです。養子を迎えるのも、有名人を訴えるにも、まず必要なものはカネです。ブログで自己破産をにおわせたり、住む家がなくて車で生活しているという記述もありましたが、泰葉は経済的に相当困っているようです。

「貧すれば鈍する」ということわざのとおり、あまりにも経済的に追い詰められると、誰しも精神状態は悪くなります。泰葉は『女性自身』(光文社)に、かつて双極性障害を患ったことがあると告白していましたが、困窮がストレスとなり、病の再発などメンタルに悪影響を与えている可能性は大きいのではないでしょうか。