『げんこつハンバーグ』は1058円(グランドメニュー)

 笑顔で運ばれた熱々の鉄板には、牛肉100%の大きなまんまるハンバーグ。スタッフが華麗に切り分けると、赤い断面から肉汁がじゅわ〜。ソースがかけられると、煙とかぐわしい香りが立ち込めるーー。『げんこつハンバーグ』は、『炭焼きレストランさわやか』の最強メニューだ。

「げんこつは250gなんですが、200gの『おにぎりハンバーグ』も合わせると、お客様の約8割が注文しますね。デミグラスソースもありますが、9割がオニオンソースです」

 とは富田玲社長。全31店舗はすべて静岡県にある。

大物芸能人も絶賛し人気が拡大

「大変心苦しいんですが、今年のゴールデンウイークの御殿場店では、8時間待ちとなりました」

駐車場は広いが、開店2時間前に埋まってしまうことも……

 15年ほど前、女優・長澤まさみがテレビで紹介して以来、県外からの客が急増。ツイッターやインスタグラムでの“さわやか自慢”が、さらなる客を呼び込み続けている。開店2時間前に駐車場が埋まってしまうこともある。芸能人の来店も頻繁だ。

 他県からの出店ラブコールは日々殺到しているが、すべて断っている。なぜだろうか?

「創業の精神を大切にしているからです」

 創業者の富田重之会長はサラリーマンをしていた26歳のときに結核を患う。

「医師から“もう仕事はできない”と宣告され、10年間、人生で最もいい時期を病床で過ごしました」

 やり場のなさから“自分がこんなに苦しんでるのは親のせいだ”と恨み続ける日々。だが病状が改善するにつれ、気づく。

「世界でいちばん不幸だと思っていたけど、そんな自分を見ていちばんつらい思いをしていたのは親だ、と」