事件のきっかけとなった砂かけ(読者提供)

 今年4月30日、2階の自宅ベランダから階下の女性に植木鉢の砂や自身の尿などをかけるなどして暴行罪で逮捕された、神戸市北区の70代の砂かけ女。

 6月29日の判決公判で懲役8か月執行猶予4年が言い渡され、その後、刑が確定した。

どこかの施設に入っている

 傍聴席に足を運んだという被害女性は、

「裁判を見る限り反省していないのかなと思います。直接の謝罪はまだないです。裁判の最後に、何かひと言ないですかと裁判官に促されたときに“悲しいです”って言ってました。反省の弁を述べるのかなと思ったんですけど」

 まるで自分が被害者のような“悲しいです”という妄言を残し閉廷して以来、砂かけ女の姿は、自宅周辺で目撃されていない。

「現状は平和ですね。みんな、喜んでいると思いますよ。帰って来たらまたどうなっちゃうのかなという心配はありますけど」

 そう明かすのは近隣の主婦だ。続けて、

「室内の洗濯物が、逮捕されたときのままなので、自宅には戻ってないと思います。夜も電気はついていません。体調が悪いとか言っていたらしく、どこかの施設に入っていると聞きました」

 裁判では、自宅を売却して転居するという意思を示していたが、

「まだ、引っ越すとか、売り払ったという情報はないからどうなっているのかわからないですね。

 そもそもあの人、管理費や組合費を何十万円も滞納していて、住人や管理会社が法的措置を取ろうと動いていたらしいんです。その前に、“砂かけ事件”が起きてしまったので……

 と前出・被害女性が、砂かけ女のルーズな一面を明かす。