'14年7月に保釈された際には黒いスーツを着て終始、硬い表情を浮かべていたASKA

「今年の11月5日から、東京国際フォーラムでの公演を皮切りに、全国8都市10公演の全国ツアーを開催します。オーケストラとの共演となりますが、自身のソロ曲やCHAGE and ASKA時代の曲も歌いますよ」(スポーツ紙記者)

 7月21日に、ASKAが5年ぶりに全国ツアーを開催することを発表した。

 CHAGE and ASKAは、'09年に無期限活動休止を発表して以来、多くのファンが復活を待ち望んでいた。しかし、その思いは叶わぬものになってしまう。

築24年の自宅を4億円で売りに出す

「ASKAさんは'14年4月に、覚せい剤取締法違反容疑で逮捕され、懲役3年、執行猶予4年の有罪判決になりました。その後、復帰に向けて準備を進めていましたが、'16年11月に再び同容疑で逮捕。不起訴になりましたが、音楽活動からは遠ざかっていました」(同・スポーツ紙記者)

 今回のツアーは、そんな長い道のりを経て実現したのだ。

 長らく、ASKAの覚せい剤に関する取材をしてきたジャーナリストの中村竜太郎氏によると、復帰の背景には彼の音楽に対する強い思いがあったという。

彼は、逮捕されて以降も創作活動に熱心に取り組んでいました。どうしても音楽を続けたいと、地元の福岡で自分を支援してくれる人を頼ってスタジオでレコーディングしてました。

 4年間の執行猶予も終えるので、今回の全国ツアーはきちんとした形で音楽活動ができるタイミングでもあります」

 一時は、自身が犯した過ちによってどん底に突き落とされた。しかし、そんな経験もエネルギーにかえているようだ。