パク・ヒョンシク(左)、チャン・ドンゴン(右) 撮影/キム・ジヒョン

 原作の米国ドラマは、英国王室のヘンリー王子と結婚したメーガン妃が出演していたことでも知られている『SUITS/スーツ』。イケメン敏腕弁護士と型破りな天才若手弁護士の活躍を描く、世界初の韓国版リメークには、本国を代表する新旧二枚目スターが見事に顔をそろえた。

チャン・ドンゴン(以下ドンゴン)「ヒョンシクさんは、明るく前向きで演じたコ・ヨヌというキャラクターとほとんど同じでした。性格的にも似ていて、記憶力抜群の天才で……

パク・ヒョンシク(以下ヒョンシク)あ~! 天才という部分は、省いてください(笑)

ドンゴンじゃあ、そこは省いて……(ふたり爆笑)、でも、そのくらい自分が演じる役柄に近づく能力に長けていました。本当にヨヌというキャラクターをうまく作り上げていたと思います」

ヒョンシク「ドンゴン先輩はじっと座っているだけでもチェ・ガンソク弁護士に見えました。近寄りがたいほどカリスマ性にあふれているのに、ユーモアがあり人間的な温かさも感じて。僕だけじゃなく、出演した俳優のほとんどが実際の性格と役柄がとても似ているのが魅力。これはキャスティングした方がすごいですよね(笑)」

 ドラマの見どころは、何といってもスタイル抜群なふたりの素敵すぎるスーツ姿。特にチャン・ドンゴンは人気紳士服ブランドのモデルを長年務めたほど、韓国男性にとっては憧れの存在。

ドンゴン「同じスーツとはいえ僕とヒョンシクさんではスタイルが違います。僕は中にベストまで着ているクラシックなスリーピース。ヒョンシクさんはいつもスニーカーをはいたカジュアルなスタイルです。僕が着たようなクラシックなスーツを格好よく着こなすには、身体にピッタリ合ったフィット感。そして小物が重要なんですよ。チーフやネクタイピンなどに気を遣うといいんです」

ヒョンシク「僕の場合は、ストーリーに合わせてだんだんとスーツが変わっていきます。最初のほうは、お金もないのに高そうなスーツを着ていると視聴者にバレちゃうので (笑)、ズボンの幅も太めで身体に合ってないもの。ドンゴン先輩が演じるチェ弁護士に“なんだその服は”とクレジットカードを渡されて服を買いに行ったりして、物語が進むにつれて僕もスタイリッシュで上質なスーツを着るようになるんです。微妙な違いですけど、気をつけて見ていただくと面白いと思います