早霧せいな 撮影/佐藤靖彦

 凛々しい剣心の袴姿でスタジオに現れた早霧せいなさん。

「初演は2年前になるんですけど、衣裳を着て刀を持つとポーズとかも自然に思い出すんだなと実感しました。身体に染み込まれている感じですね」と爽やかな笑顔を見せた。

 10月に上演される浪漫活劇『るろうに剣心』で、再び主人公・緋村剣心を演じる。’16年に宝塚歌劇団で初めて舞台化され剣心を演じ高い評価を得た早霧さんが、退団後に男女の枠を超えて同役を演じるというかつてない試みも話題だ。

男女はそんなに変わらない

 再び剣心を演じることについて、ご自身はどんな思いがあるのか。

やると決心するまでには、すごく悩みました

 やっぱり男役というものは宝塚のものというか現役生がやってこそのものだと思っていたので、退団した自分がやっていいのかという抵抗感もありましたし。それに『るろうに剣心』はものすごくハードな公演なので、男役ではなくなった自分が現役の研ぎ澄まされたときと同じポテンシャルに持っていけるのかなっていう不安もあって。

 でも退団して1年たって、ミュージカル『ウーマン・オブ・ザ・イヤー』で女性を演じて、人間が人間を演じるといううえでは男女はそんなに変わらないんだなという経験を得られたので、今は男役ではありますけど剣心という人物を演じるという思いでいます。

 そして退団して視野が広がりましたし、男役をやり続けてきた力みがいい意味でとれているので、以前よりも大きくて深みのある剣心に挑戦できるんじゃないかなと思っています」

ファン待望のタッグ

 今作は宝塚版も手がけた小池修一郎さんが脚本・演出を担当。早霧さんと再びタッグを組むのもファンには楽しみなところ。

「小池先生が演出されるというのは、今回の出演を受けた最後のひと押しではありました。自分の気持ちの中で、小池先生で『るろうに剣心』をやるときに、自分以外の剣心が舞台上にいるのを見るのは寂しいなって思ったんですよね。

 初演で剣心を演じた経験値をふんだんにいかしつつ、先生とともに新しいものを作っていきたいです