男性アイドルにも女優並みのアンチエイジングが求められている!?

『週刊文春』で現役女子大生、しかもミスコン女王の美女との熱愛が報じられた嵐の櫻井翔(36)。

“隣にいるのが小川彩華アナじゃない!?”というファンの動揺と同時に、張り込み写真に写ったプライベートな櫻井の姿を見て、「顔パンパン」「普通にオッサン」「お肌の衰えにも驚いた」と、その劣化っぷりに衝撃を受けるファンも多くいた。

 体形そのものは特に太ったように見えない櫻井だが、昨年末の第68回NHK紅白歌合戦でも顔のむくみが指摘されるなど、ネットでは“甘ベビーフェイス×デカ顔”のインパクトも話題になっている。

 一方、今夏、映画『検察側の罪人』のプロモーションでテレビ露出が増えた二宮和也(35)は、変わらぬルックスを維持しており、他のメンバーも若々しさを保っているように見える。

 なぜ同世代でもメンバーによってこんなに差が出ているのか? 男性芸能人の劣化にいつも鋭く目を光らせている美容外科「高須クリニック」の高須克弥院長に話を聞いた。

――若手ジャニーズだった嵐も、もうアラフォーですね。20代の頃の櫻井さんと現在36歳の顔を比較すると、いかがでしょうか?(写真を見せる)

高須「やはり、『10年ひと昔』と言ってね。10年の時間は長いですよ。だから、当たり前に老けたと言えるんじゃないかな? 知的な番組にも多く出ていて、ルックスだけで勝負しているわけじゃないから、いいのかもしれないけどね」

――他のメンバーの劣化速度と比べて、櫻井さんはちょっと早い気がしますが……。

高須「まず、二宮クンはもともと、とっちゃん坊や的な“おじさん少年”顔だったから、顔に年齢が追いついたって感じだね。それと、大野くんは早めに小刻みに太り出したから、体形の崩れが目立たない。でも、ちょっとオッサンっぽい雰囲気が漂うし、もう少し太りそう! 相葉クンは年齢の割にほうれい線と頬のこけが目立つし、これ以上ヤセるとあっという間に“ミイラ顔”になるから気をつけて!

――“ミイラ顔”という衝撃のワードが飛び出しましたね!

高須「劣化には2パターンあって、顔のラインがたるんで太り出す、“膨らみブルドッグ型”と、目がくぼんで頬がこけ、骨っぽくなりシワが目立つ、“しぼみミイラ型”があるんだよ。二宮クン・相葉クンは後者タイプだから、これ以上ヤセないようにしてほしいな」

――ちなみにブルドッグ型は?

高須「櫻井クン、大野クンだね」