BOYS AND MEN  吉原雅斗(24)平松賢人(23)勇翔(25)土田拓海(27)田村侑久(27)小林豊(29)水野勝(27)辻本達規(27)田中俊介(28)本田剛文(25) 撮影/佐藤靖彦

 9月12日に新曲『炎・天下奪取』をリリースするBOYS AND MEN。名古屋を中心に活動する彼らがに登場するのは“やっとかめ(名古屋弁で「久しぶり」)”。待っとったがね!

平松 「(作詞・作曲の)ヒャダインさんらしい遊び心満載の曲。炎天下の暑さもこれを聴けば乗り切れるという感想もいただいて幸せです!」

吉原「ボイメンの曲はみんな一緒に歌って踊れるけど、自然に声を出せて振りも覚えちゃう」

水野「この曲を歌い始めたころに北海道で出演したフェスで、ものすごく手応えを感じたよね」

小林「そのとき一緒だったけやき坂46のファンの男性も“炎天下”の振りをやってくれて」

本田「映画『テルマエ・ロマエ』で使われた銭湯で撮ったMVも、めちゃくちゃ楽しい内容」

辻本「僕のソロのシーン、3回も撮り直したのに全然使われてませんでした。ガクッ!」

 ところで以前はで連載をしていたボイメン、これから新たに誌面で挑戦してみたい企画は?

田村「会いたい人に会いに行く企画! 最初はミスチルの桜井さんに会いたいです」

小林「僕は料理の連載がいいなぁ」

田村「ゆーちゃむの料理は飽きた(笑)」

土田「僕は、さんの指示どおりに動く企画をやりたい」

水野「さん任せかい! 東京ドームか神宮球場で野球もいいな。生バンドでカラオケも」

田村「個人的にやってもらってもいいですか?」

吉原「せっかくだから、ボイメン全員でできる何かをやりたいね」

辻本「フットサル!」

本田「完全に動画の企画になっとる(苦笑)。雑誌の企画で何をやりたいかでしょ。はい、勇翔!」

勇翔「じゃあ……みんなで鬼ごっことか」

本田「それ、今の質問を受けての答え!?」

水野「あとは、ナゴヤドーム(※)に向けての俺らの試練への道とか。それまでに各自、シークレットで続けている日課を紹介するという」

田中「じゃんけんに負けた人を100キロまで太らせて、ナゴヤドームまでにやせる企画はどう?」

平松「やせれんかったらどうするの? デブのまんま踊るの?」

田中「それも見どころのひとつかも(笑)」

■2019年1月14日、ナゴヤドームでBOYS AND MEN 単独ライブ「ボイメン名古屋夢まつり」を開催予定

<取材・文/生嶋マキ>