中条あやみ 撮影/廣瀬靖士

「私は今のお仕事をモデルからスタートさせたので、女優を始めたころは慣れない演技に悩んでばかりでした。気持ちにも余裕がなくて。

 でも最近は共演者の方と話したり、前はいっぱいいっぱいで、できなかったことができるようになってきて、不思議と楽しめるようになってきたんです

 そううれしそうに語るのは、映画にドラマ、司会に数々のCM出演と、活躍が止まらない中条あやみ(21)。今や女優としての才能を開花させ、主演作も続々! 映画『チア☆ダン~女子高生がチアダンスで全米制覇しちゃったホントの話~』では第41回アカデミー賞 新人俳優賞を受賞した。

「うれしかったんですが、それ以上にプレッシャーでした(笑)。いただいたからには、それに見合う人にならなきゃって。これからはカッコよさも可愛らしさも持ち合わせる、いろんな表情を持つ女優さんを目指したいです

 そんな中条が“美女とオタク”の恋の行方を描いた、いまだかつてない純愛コメディー映画『3D彼女 リアルガール』で主演に。完璧なルックスを持つ超絶美少女役という、まさに等身大の役! 

「私は高校時代、自由奔放でマイペースな子だったと思います。どこにでもいる普通の女の子で、“○○先輩カッコいい~!”って友達と騒いだり。先生や友達にも恵まれて、すごく楽しい高校生活でしたね」

 すでにそのころには仕事をしていたという中条。容姿も格別で、やっぱりマドンナ的存在だったの?

「よくそう言っていただけるんですけど、全然です! 入学したとき、男子の先輩たちが“どの子?”ってクラスに見に来ることはありましたが、それも1週間くらいでなくなりました(笑)」