9月初旬の夜、都内のレストランでドラマ『警視庁ゼロ係~生活安全課なんでも相談室~THIRD SEASON』(テレビ東京系)の打ち上げが行われていた!

 同作は、'16年から放送されている刑事ドラマの人気シリーズだ。

「警視庁杉並中央警察署の問題を起こした人が集まる“ゼロ係”と称される部署が舞台。主演の小泉孝太郎さん演じる空気は読めないが事件に対する読みは鋭い刑事と、松下由樹さん演じるベテラン女性刑事のコンビがさまざまな事件に挑んでいくストーリーです」(テレビ誌ライター)

キャストとスタッフの距離も近い

 小泉&松下コンビが繰り広げる掛け合いはおなじみになっているが、『ゼロ係』にはもうひとり、欠かせない人物がいた。今年2月に亡くなった故・大杉漣さんだ。

大杉さんは、ゼロ係の係長役を演じていました。今作では、彼に代わって片岡鶴太郎さん演じる新係長が引き継ぎました。大杉さんは第1話で定年退職したという設定で、回想シーンに登場していました」(同・テレビ誌ライター)

 打ち上げには、開宴の少し前に片岡、安達祐実、岸明日香、お笑いコンビTKOの木下隆行らが会場入り。それに続いて、主役が登場した。

小泉さんと松下さんはふたりそろって来てましたね。小泉さんのほうが先に到着しましたが、先輩である松下さんを待っていたみたいですよ」(会の参加者) 

ベレー帽をかぶり“芸術家スタイル”の片岡鶴太郎

 3シリーズ続いているだけあって、キャストとスタッフの距離も近いようで、

年配のスタッフは、“祐実ちゃん、昔はいい子だったのに、今は性格悪くなったよね~”と、酔った勢いで安達さんのことをイジってましたよ(笑)」(同・参加者)

 午後9時に1次会が終了。歩いてすぐの庶民的な居酒屋に向かい、ほとんどの出演者が2次会に参加する中、こんな人も……。

鶴太郎さんは次の日に朝から仕事があったようで、“残りたいけど……”と名残惜しそうにしながら、2次会はみんなに挨拶だけして帰りました」(同・参加者)

 終電前に2次会は終了。みんな満足そうな顔でそれぞれの帰路についた。

  今回の撮影を通して、また一段と絆を深めた“チームゼロ係”。最終話の放送はこれからだけど、再結成の日も遠くなさそう。