経費の内訳などについて問い合わせたが、明確な回答がなかった日本体操協会

 体操女子パワハラ問題で、新たな問題点が浮上してきた。それは『体操女子2020東京五輪強化選手(以下、2020)』というプロジェクトをめぐる疑惑である。

「もともと『ナショナル選手』という制度があるのに、さらに新たな枠組みを作る必要があるのか、そもそも疑問でした。強化選手は知らぬ間に入れ替わるし、『味の素ナショナルトレーニングセンター(以下、NTC)』使用規定が突然、変更されたりします。どういう経緯で始まったのかも不明なまま。女子強化本部長が牛耳っているのは明らかでしたし……」(体操関係者)

 『2020』は、リオ五輪で体操女子がメダルをとれなかった反省から始まった制度とされている。東京五輪に向けて、メダル獲得のために選手を強化するのが狙いだ。現在14名の選手が入っている。しかし、『』が『日本体操協会』に情報開示を求めると、いくつもの疑問点が見えてきた。

 '17年の段階では《強化本部員より推薦、強化本部長の承認を得た選手》が対象者とされていた。それが'18年になると、なぜか強化本部員の権限が消滅して《強化本部長の推薦を得た選手》に変更されている。その強化本部長とは、渦中の塚原千恵子氏だ─。

「彼女に気に入られないと、参加できないってことですよね? “女帝”と言われてもしかたがない絶対的な権力を協会が与えてしまいました。

 だから私たちは彼女の顔色をうかがうしかないんです。しかも年間を通じてNTC及び『塚原体操センター』での強化合宿に参加できる者という条件もあって……。彼女のおひざ元で練習していたら、言いたいことも言えなくなりますよ」(同・体操関係者)

 NTCの使用法についても不思議な話がある。速見元コーチは会見で、強化本部長から「『2020』に入ってないから、NTCは使えない」と言われたと述べた。しかし、利用規定には『2020』を優遇するとはない。

内村航平選手や白井健三選手が使用を申請しても、『2020』が合宿をしているからという理由で断られたこともありました。恣意的な運用ですよね。塚原夫妻がNTCという素晴らしい施設を私物化しているとしか思えません」(スポーツ紙記者)

JOCからの助成金はどう使われる?

 日本オリンピック委員会(以下、JOC)からの助成金がどう使われているかも不透明だ。'17年度は約3071万円、'18年度は約5269万円がJOCから『2020』に支払われているが、内訳を見ると'17年は《12回の月次合宿と2回の海外合宿の14事業》、'18年は《月次合宿及び海外合宿2件を予算計上済》と記載されているだけ。

 『』は、詳細な内訳や管理方法、資金に関する強化本部長の権限などを明らかにするよう協会に求めたところ、

問い合わせが殺到しているため、1件1件に対応するのが困難です

 と明確な回答は得られなかった。これでは女帝が自分の思うままに助成金を使っているのではないかと、体操界で勘ぐられてもしかたがない。