※写真はイメージです

 9月に入り、今年も『NHK紅白歌合戦』の話題が出始めた。毎年ファンを騒がせている“ジャニーズ枠”だが、当確と思われていたKing & Princeの出場に黄信号が灯っている。

当記事は「日刊大衆」(運営:双葉社)の提供記事です

元TOKIOの山口達也による事件や、NEWSメンバーたちの飲酒強要騒動などが続いたことで、番組がこれまで設けていた“ジャニーズ枠”を大幅に減らすと見られています。

 2015年は近藤真彦、SMAP、V6、嵐、TOKIO、関ジャニ∞、Sexy Zoneの7組が出場。2016年は嵐、TOKIO、V6、KinKi Kids、関ジャニ∞、Sexy Zoneの6組。昨年はデビュー10年来の初出場となったHey!Say!JUMPを含め、TOKIO、嵐、関ジャニ∞、Sexy Zoneの5組が出ています。

 毎年1組ずつ枠を減らしていますが、ただでさえ“多い!”と現場での不評もあったジャニーズ枠。今年は騒動が続いた影響もあり、3組にまで減るといわれているんです」(芸能プロ関係者)

 今年の紅白は、この“3枠”がどうなるかが注目される、ということだ。

嵐と関ジャニは順当

 9月10日にスポーツニッポン紙は今年の白組司会が嵐の松本潤(35)で最終調整に入っていると報じた。確かに2016年の相葉雅紀(35)、2017年の二宮和也(35)と2年連続で嵐メンバーが司会を務めているだけに、松本が白組司会を務める可能性は高く、そうなった場合は嵐の紅白出場も順当と言える。

 渋谷すばる(36)が脱退したが、関ジャニ∞の出場の可能性も高い。関ジャニ∞はファンクラブ会員数が50万人を超え、嵐に次ぐ人気。バラエティ番組への出演も多く、知名度が高いことから出場するのではないかと見られている。では残り1枠については、どうなるか。