(左から)安田美沙子、紗栄子、神田うの、熊田曜子、小倉優子
 普段感じていること、あるいは口には出せないホンネ、はたまた口が裂けても言えない秘密。──匿名という条件のもとに、ぜんぶ白日の下にさらけ出します! 女性のセキララなアレコレを、いろんな角度からアナリティクス(分析)!  数字はウソをつきませんよ♪

お騒がせ芸能人たちは、
ママになってもお騒がせ傾向

 芸能界では、ママという肩書きが立派な仕事として成立する時代になりました。結婚して第一線から退いても、出産を機に再びスポットライトが当たる場所に返り咲く例は数多くありますよね。

 しかし華やかに見える生活や持ち前のキャラクターが影響して、鼻につくケースも数多くあるもの。そこで20〜30代の女性200人にアンケート。ぶっちゃけ嫌いなママタレは誰!?(協力:アイリサーチ)

■嫌いなママタレTOP10
(編集部が選出したママタレント全21人より複数回答。1位3pt、2位2pt、3位1ptで算出)

1位 神田うの(43)156pt
2位 紗栄子(31)91pt
3位 木下優樹菜(30)79pt
4位 くわばたりえ(42)70pt
5位 辻 希美(31)67pt
6位 福田 萌(33)53pt
7位 鈴木亜美(36)50pt
8位 熊田曜子(36)45pt
9位 安田美沙子(36)42pt
10位 小倉優子(34)38pt

 1位は圧倒的に神田うのという結果になりました! たしかにセレブな言動でしばしば話題を振りまいてきただけに、共感できない人が多かったのでしょうね。その意味では、2位に紗栄子がきていることにも納得です。生活水準が一般人と乖離(かいり)しているママタレが一番嫌われるといってよさそうです。

 一方、3位の木下優樹菜や4位のくわばたりえなど、庶民派をウリにしている面々もチラホラ。とくにくわばたは芸人勢から唯一のTOP10入り。バラエティ番組などで目立った言動がある彼女たちは、仕事熱心という見方ができる反面、「出る杭は打たれる」ということなのかもしれません。

 また辻希美や福田萌など、やや炎上気質のお騒がせな面々が安定的に票を獲得しているのは納得がいく気もしますよね。悲しいかなママとしての資質より、元々備わったタレントとしての印象に人気は大きく左右されると言っても過言ではないかもしれません。