Aさんは、自宅に寄りついていた黒色の野良猫に『プッチ』と名づけて可愛がっていました。ある日、Aさんが不在だったため、知り合いの女性に“プッチにエサをあげてほしい”と頼んだそうです。

 その女性は当時50代くらいで、Aさんに言われたとおりにエサをあげていたら、後ろから突然“アンタ、何よ!!”と、佳代さんから激怒されたんです。Aさんを奪われてしまうと勘違いしたのかもしれません」(佳代さんの知人)

 そこまでAさんに固執していたことから、佳代さんが頼っていてもおかしくはない。しかし、圭さんはAさんのことをよく思ってないそうで、

「今から約15年前、圭くんの父親・敏勝さんが亡くなってから間もないころ、佳代さんはAさんと交際していました。金属を加工してアクセサリーなどに装飾を施す彫金師として個人で働いていたのですが、仕事が立ち行かなくなって収入がゼロに。

 結局、仕事もせずに小室家に住みついていたAさんに“いいかげんにしてほしい”と、圭くんが怒ったことがきっかけで破局したんですよ」(同・佳代さんの知人)

小室さん自宅マンションで110番通報

 今は圭さんが留学中なので、佳代さんがAさんを頼る可能性もある。しかし、そこでも彼女の姿を確認できなかった。そんな中、自宅マンションではある騒動が……。

9月中旬、マンションの入り口付近に“犬のフン”が落ちていたそうです。わざと置かれたのか、たまたま落ちていたのかはわかりません。しかし、小室さんの件で注目されてしまい、ナーバスになっているマンションの住人が、110番通報をしたんです。小室さんに対していい感情を持っていない人の仕業だと感じてしまったのでしょう。

 通報があってから、数時間おきに警察がマンションをパトロールするようになったんです。それに伴って、いったん使われなくなったポリスボックスも、使われるようになりました」(前出・近所の住民)

昨夏の佳代さんとマンション前のポリスボックス。“事件”のあとから定期的に警察が使い始めていて、現在は施錠されている

 “キーマン”である佳代さんは、いったいどこにいるのだろうか……。

 一部では、秋篠宮ご夫妻は、小室さん親子に対して「借金トラブルについての説明を国民にしてほしい」と求めていると報じられたが、果たされていないのが現状。

 しかし、それが一変するのは、「11月」だと、前出の秋篠宮家関係者が証言する。

実は、小室さんは“11月下旬には一時帰国したい”と話してからアメリカに飛び立ったんです。フォーダム大学には、11月21日から連休があるので、そのタイミングで帰国する計画なのでしょう。

 眞子さまはもちろんのこと、秋篠宮ご夫妻にも挨拶に行くと思われます。

 その際には、借金トラブルに関する会見についての話し合いや、今後の将来設計を伝えるなど、ご夫妻を“説得”するような意味合いが強くなると思います」

 というのも、小室さんが一時帰国した後の11月30日は、秋篠宮さま(52)のお誕生日。例年では、ご夫妻そろって記者会見に臨まれている。

「会見では、ご家族に関するお話をされることも多い。今年は間違いなく、眞子さまの結婚に関する質問が記者から出るでしょう。“今のままでは『納采の儀』が行えない”という判断を下したご夫妻が、ふたりの結婚の是非について話される“Xデー”になるかもしれません」(宮内庁関係者)