コンサート中止の経緯を説明する沢田研二

 10月17日、さいたまスーパーアリーナでの開催予定の公演の中止を、「契約上の問題が発生したため」と、開場直前に発表したことが大きな話題を集めた、沢田研二。

 翌日には報道陣を前に、観客が予定よりも少なかったことから、「僕にも意地があります」とコンサートの中止は自身が決断したと明かし、謝罪した。

 ワイドショーやスポーツ紙などでも賛否両論でこの話題を大きく取り上げた。

「中止の理由が、アーティストとしてのプライドだったところは、ジュリーらしいなという印象でした」

 と、ある芸能記者は言う。

ジュリーは“現役アーティスト”

若い頃、新幹線の中で一般人の乗客から“いもジュリー”と声をかけられ、カッとなって殴りかかったことが報道され、謹慎したエピソードが有名です。

 もともとプライドがとても高い人です。80年代のテレビのランキング番組では、ヒット曲の『酒場でDABADA』のサビが、“沢田でんでん虫食べーた”と、“空耳”のように聞こえるという視聴者からのコメントが紹介された直後、あえてその通りに歌ってみせたこともありました。

 これは茶目っ気のパフォーマンスですが、いじられるなら自分からあえて発信しようと言うプライドの裏返しとみることもできるかもしれませんね」(前出・芸能記者)

 そんなジュリー、ある時期から歌番組への出演はなくなったが、オファーはたくさんあったという。前出の記者が続ける。

オファーがきても、かつてのヒット曲を歌ってほしいと要求されるのが気に入らないようです。現役の歌手として、今、歌っている曲を聞いてほしい。

 毎年、全国ツアーを行い、ほぼ毎年アルバムを発表しています。ツアーで歌われる楽曲は、基本的に新作が中心。全盛期のヒット曲は、ほんの数曲しか歌いません。

 そういうセットリストの組み方も、往年の懐メロ歌手とは違い、“現役アーティスト”を感じます」