大河ドラマ『西郷どん』毎週日曜夜8時~ほか。(c)NHK

 いよいよ『西郷どん』も最終章である“明治編”に突入! 激動の時代が描かれていく中で、撮影中の裏話などを西郷隆盛役の鈴木亮平と、ナレーションと隆盛の息子・菊次郎役の西田敏行が語り尽くします!

“新・西郷どん”を大絶賛

「私も昔、西郷隆盛を大河ドラマ(1990年『翔ぶが如く』)で1年間演じさせていただきましたが、精神的なものを含め、しんどさは大変なことなんです。鈴木さんは、プレッシャーにもめげずにここまでやってこられて、本当にすごいなと。さらに現在の彼の体格を見ていただけたらわかるとおり、ほかの役者さんがまねできないようなアプローチで役作りもされていて。多才で世界遺産にも詳しいし、英語も堪能で、これから国際的に日本の俳優として誇らしいステージに立たれる方だと思っています」(西田)

「持って帰って何に使うのか……」

「明治編に入るにあたり、断髪式を行ったんです。その場にいたスタッフや共演者の方々に、少しずつ髪を切っていただいて。島津久光役の青木(崇高)くんは、なぜかティッシュにくるんで、僕の髪の毛を持って帰っていました(笑)。作中では、晩年の西郷隆盛さんを作り上げるために、さらに髪を短くしたり、薄くしたりなどしているので、そちらにも注目していただけたら」(鈴木)

本人もびっくりなあの役に!

「1話からずっとナレーションを務めさせていただいていますが、まさか自分が菊次郎として出演するなんて、いい意味でハメられたなと(笑)。しかし、ナレーションが西郷の息子・菊次郎だったのかとわかると、腑(ふ)に落ちる部分もたくさんあったんです」(西田)

「僕はナレーションが菊次郎だったと初めて知ったとき“親父に向かってチェスト!! きばれ!! って言っていたのか”って(笑)。それは冗談ですが、名優・西田敏行さんが演じられる、重みのある菊次郎に父として負けないようにと、気が引き締まりました」(鈴木)

(c)NHK