ジェジュン 撮影/廣瀬靖士
 圧倒的な実力を誇るデビュー15年目の“新人”ジェジュン(32)の2枚目のシングル発売に合わせ、約1年ぶりとなる大特集! 新曲の制作秘話やひそかなDefiance(反抗)エピソード。そして、いまの素直な気持ちをたっぷり語ってもらいました。

15年変わらない思い

15年間変わらないもの……。今、短い時間ですごく考えてひとつしかなかったです。ファンのみなさんのことを思う素直な気持ち。どうしたらみなさんからいただいている愛に応えられるか、感謝を伝えられるか、いつも考えています

 キャリア15年目の今年、待望のソロデビューという大きな贈り物をくれたジェジュン。6月にリリースしたファーストシングル『Sign/Your Love』は売り上げ10万枚を突破!

 数々の音楽番組やバラエティーに出演し、美しすぎるゆえに冷たく見られがちな外見から繰り出される、天然で面白いトークのギャップに魅せられる新たなファンが増え人気上昇中。そんな中で、2枚目のシングル『Defiance』をリリースした。

「激しい曲調で、カッコいい、いい曲ですよね。久しぶりのロックだなという感じがして。やっぱりロック好きですね」

 MBS・TBS系アニメ『ゾイドワイルド』の主題歌でもある新曲。動物や恐竜をモチーフにした金属生命体が出てくるこのシリーズを小さいころ韓国で見ていたそう。

オタクってほどではないですけど(笑)、小学生のころまでかな? 放送を見ていました。9月から韓国でも新シリーズが始まるって聞いています。この『Defiance』を韓国のほかのアーティストが歌うことになるのかな? 不思議ですね

 テープを巻いた口元にマイクを当てている通常盤のジャケット写真は、現場で自らアイデアを出したもの。

「実は、ほかのカットを撮影している中で急にこのアイデアが浮かんで。スタジオの方に“テープとかありますか?”って聞いて。その場でテープをつけて、次に“マイクありますか?”って聞いたら、たまたまカメラマンさんが持っていたんです。けっこう、自分でも気に入っています」