市民病院鹿島台分院の4階で犯行に及んだ

 犯行現場は病院の4人部屋。犯行後はそこから徒歩5分の交番に向かい、自首した。

「26日午後8時20分ごろに、“祖父を殺しました”と自首してきたんです。いつ、どこで、と聞くと、“10分前に病院で”と答えました。被害者は別の病院に救急搬送されましたが、翌27日の午前4時40分に死亡が確認されました」

 と捜査関係者が伝える。

怨念と刺す回数は比例する

 同日、宮城県警古川署に殺人及び銃刀法違反の容疑で逮捕されたのは、同県大崎市鹿島台の無職・萩川未貴容疑者(29)。

 市民病院鹿島台分院に入院中の祖父・功さん(88)の右わき腹を刃渡り約13センチの果物ナイフで突き刺し、殺害した疑い。

 前出・捜査関係者は、

「ほかに外傷はなく、右わき腹の刺し傷は1か所だった」

 東京未来大学こども心理学部長の出口保行教授は、犯行から自首までわずか10分という短い時間と、刺し傷の数に注目するが、まずは刺し傷に関する見解をうかがった。

「祖父を1回しか刺していないことから、祖父への怨念ではないかもしれない。怨念と刺す回数は間違いなく比例するものです。祖父以外の家族の影響でストレスをためていた可能性がある」

 と容疑者の心理を読み解く。

 殺された功さんは10月上旬から同院に入院していた。

 病院で功さんを見かけたという近隣の70代の女性は、

「功さんが車いすに乗っていて、息子さんが押していました。ごあいさつした程度ですが、功さんは私のこともわからない様子でした」