皇太子ご夫妻とご一緒に入場した絢子さんと慧さん

 10月30日の夜、高円宮家の三女・絢子さんと守谷慧さん(32)の結婚披露晩餐会が東京・千代田区の『ホテルニューオータニ』で開かれた。

「絢子さんはピンクのシルク地のドレス姿でとてもおきれいでした。このシルク地はカンボジア製で、NPO法人『国境なき子どもたち』の専務理事だった慧さんの母で、3年前に亡くなられた季美枝さんが生前に気に入っていたもの。団体から宮家に贈られたものでした」(皇室担当記者)

 両家の縁を大切にする高円宮久子さま(65)と絢子さんの強い希望で、この生地がドレスに使われることになったという。

 晩餐会には皇太子ご夫妻をはじめとする皇族方、安倍晋三首相など約70人が出席していた。

「引き出物はボンボニエールというお菓子入れの器で、表面には絢子さんのお印である“葛”があしらわれ、ふたを開けるとおふたりの門出を祝う金色の帆船が描かれていました。

 絢子さんのお姉さまである千家典子さん(30)の晩餐会と同じく、乾杯の挨拶は皇太子さま(58)がユーモアを交えて話されていましたよ」(同・皇室担当記者)

引き出物のボンボニエールの表面には守谷家の家紋も

 この日、宮内庁では山本信一郎長官が皇室の戸籍簿にあたる『皇統譜』に、絢子さんが皇族の身分を離れたことについて登録した。

 これで正式に「守谷絢子」となり、一般人として今後の生活を送られるのだが、具体的にどのような変化があるのだろうか。