山田涼介

《僕は何ができるわけでもありません。背も小さいです。でも気持ちは大きいです。今度、焼肉を食べに行きたいです。涼介より》

 未来の自分の花嫁となる人へ綴った文章とともに、タキシードに身を包んだ山田涼介が微笑みかける─。

 10月20日発売の雑誌『ポポロ』(麻布台出版社)での“焼き肉が好きすぎる”お茶目なプロポーズがファンの間で話題だ。彼の焼き肉好きはよく知られているところで、

「山田クンは、焼き肉ならひとりでも行くほどの好物。Hey! Say! JUMPメンバーともよく行くそうで、知念侑李クンは食べるの専門で、山田クンがいつも焼いてあげるんだそうです」(スポーツ紙記者)

ファンが殺到して

 山田の焼き肉愛は父譲り。

 '14年には『』で、山田の父親が都内の有名焼き肉店『N』で働いていると報じた。ここはメンバーだけでなく、関ジャニ∞や佐藤健といった面々もお忍びで利用する名店で当時、父親は自分のことを“ただのバイト”と言って働いていた

「山田クンのパパは、お店の制服も着て、ホールで接客をしていました。ファンに家族写真を見せてくれたり、常連になったファンとは連絡先を交換したりしていたんですよ」(『N』の常連客)

 しかし、父はこの報道から半年後、今から約4年前に店を辞めてしまっていたという。

ファンが殺到してしまった影響です。いまだに店を訪れるファンもいますが、壁に飾ってあったJUMPのサインは撤去されてしまいましたね」(同・常連客)

 思わぬ形で店を去っていた山田の父。しかし、焼き肉への思いは冷めるどころか、より熱くなっていた。