青山美智子 撮影/北村史成

 氷室冴子さんのコバルト小説『シンデレラ迷宮』と出会って小説のおもしろさに目覚め、すぐに縦書きのノートを買ってきて、14歳で小説を書き始めたという青山美智子さん。

小説家デビューを果たすまで

 転校少女で、まだ友達ができていなかったとき、休み時間に本をひとりで読んでいれば、手持ち無沙汰にならないからというのが、読書のきっかけだった。が、この本が原点となり、40代の遅咲きではあったものの、昨年、念願の小説家としてデビューを果たした。

「当時、まねごとのように書いていた小説を見つけたんですよ。読んでみたら、もう走り出したくなるくらい恥ずかしくなったけれども(笑)、今はこれを書けないな、って思いました」

 高校時代は、校外の文芸サークルに入って短編を書き、みんなから「うまい」と褒められていたが、いざ「コバルト・ノベル大賞」に応募しようと思っても、規定の95枚以上の作品を書くことができず“自分は天才ではなかったんだ”と、逆に気が楽になったという。

 そのため日々、積み重ねるべく小説を書き続けた青山さん。最初の応募は「すばる文学賞」で、シドニーで日系の新聞社に勤めていた25歳のとき。以後、長い投稿人生が始まった。

 33歳で「パレットノベル大賞」の佳作に入賞したが、「2作目を書いてくださいね」と言われて200枚の原稿を編集者に渡したけれど、出版には至らなかった。“最終審査に残っても、デビューできるとは限らない”という厳しい現実を知ることになる。

 書きためた作品を出版社に持ち込んだりもしてみたが、編集者から「青山さんはいい人すぎて、小説に毒がない」、「文章力はあるが、オリジナリティーがない」と言われ続け、落ち込み、悩んだ。

 ミステリーから官能小説まで、ありとあらゆるジャンルに手を出し、迷走していた時期もあった。